2017年タイ最北部探鳥旅行記(2017.1.25~31)

2017's Thai birding tour report (2017.1.25~31)

 昨年9月にタイ中部の探鳥旅行に参加した際に、タイ最北部は非常にいいからぜひまた来てくださいと、現地ガイドのお二人に誘われていたので、このツアーに申し込みました。今回は熊本の友人が一緒に行ってくださることになりとても心強い気分で参加しました。
バンコクの空港で集合してみると北海道から東京経由で1名、関西から4名、福岡から2名の合計7名の参加者でした。添乗・通訳のT嬢は東京から同行されました。昨年のモンゴル旅行とタイ中部旅行の両方にに参加されてた方が1名おられ、20年以上も前にjbnestというメーリングリストをやってた頃のメンバーだという方が1名おられました。いつもながら期せずして旧知の方と出会う旅になりました。


 1/25:バンコク経由で(1)チェンマイ空港から、(2)チェンマイのホテルへ。
 1/26:(2)チェンマイのホテル付近のポイントをまわって、(3)お寺で鳥を探して、(4)ドイアンカーンのホテルへ、その後、周辺で探鳥した。
 1/27:(4)ドイアンカーン(Doi Angkhan)のホテル周辺のポイントをまわって、(5)ファン地区のホテルへ下った。
 1/28:(6)早朝からドイラン(Doi Lang)へ登って探鳥する。(7)国境付近までの道路周辺で夕方まで探鳥し、(5)ファン地区のホテルに連泊した。
 1/29:(8)温泉のある国立公園で探鳥後、(9)ラオス国境のメコン河沿いのホテルへ。夕方に(10)チュウヒとマダラチュウヒのねぐら入りを観察した。
 1/30:(11)個人が作った保護区で探鳥後、(12)ゴールデントライアングルを経て、(13)山の上の公園で探鳥して、(14)チェンライ空港へ。バンコク経由で福岡へ帰国した。

  • 1月25日(水):バンコクを経由してチェンマイへ移動
  • 1月26日(木):チェンマイで探鳥後、ドイアンカーンへ移動して探鳥
  • 1月27日(金):ドイアンカーンで探鳥してファン地区へ下山
  • 1月28日(土):ドイランの山上で終日探鳥
  • 1月29日(日):ファン地区で探鳥後、メコン河へ移動し、夕方にマダラチュウヒのねぐら入りを観察
  • 1月30日(月):メコン河周辺で探鳥し、山でも探鳥後にチェンライ空港へ、バンコクまで移動して解散。


  •  今回は参加者人数が少なかったので探鳥の際にゆったりと鳥を見ることができ、綺麗な青い鳥が何種類も見られて幸せな気分に浸ることができました。また、1月だというのにナンヨウベッコウトンボやトラフタテハのきれいな写真を撮ることができたのは予想外の収穫でした。タイの食事は前回同様に大変おいしくて旅行としても満喫することができました。横須賀で勤務しているときに職場付近で見たアカハラコノハドリが見られるのではないかと期待していたんですが、ガイドさんもびっくりのコノハドリ類が全く見られないツアーになってしまったのが残念でした。
     現地ガイドのPさんとAさん、添乗・通訳のTさん、楽しい旅をありがとうございました。同行メンバーの皆さんにも大変お世話になりました。最後になりましたが、深くお礼申し上げます。


    次のページへ
    野鳥のチェックリストへ
    参加者限定の思い出アルバムへ
    「野鳥を守る」のページへ
    copyright (c) 2017