2016年タイ中部探鳥旅行記 第2日目 9月24日(土)


 (1)サンホテルを朝7時に出発して、(2)Royal King Projectという水を浄化する場所で水辺の鳥を探し、(3)塩田に移動して塩水を好む鳥を探した。(4)ホテルの近くのうどん屋で昼食をとり、(5)キンイロコウヨウジャクの巣がある場所、(6)サギ類が多くいる場所などをまわって、(7)コーヒーショップで休憩。(8)田んぼや、(9)湿地で鳥を探し、(10)レストランに寄ったが食事ができず、(11)お寺でメンフクロウを見て、(12)ホテルの隣のフードコートで夕食をとって、ラチャブリーのプラワパホテルに到着。



 (1)5時にモーニングコールを頼んでいたはずなのに電話が来たのは5:15位でした。ホテルは3階建てでした。


 朝食会場は外と仕切りがない場所です。朝はそんなに暑くないから大丈夫なようです。ハエや蚊はいませんでした。


 朝食のビュッフェはまずまずの品揃えです。6時からやってます。


 卵はこの場所で焼いてました。


 ホテルの窓からの景色はなかなか良くてお寺が見えます。


 向かいの山の上にはラマ4世の宮殿があるそうです。


 望遠レンズで写すときれいな宮殿がよく見えました。

ペッチャブリーのホテル付近の野鳥などはここをクリック


 (2)7時に出発して、途中でも鳥を見ながら、Royal King Projectという水を浄化するプロジェクトの場所へ行きました。大きな池が沢山あるので、いろんな水鳥が見られました。

移動途中とRoyal King Project付近の野鳥などはここをクリック


 隣接してお寺がありました。


 建設中の大仏がありました。タイの人は新しいお寺に行きたがるので、次々にお寺が建てられるそうです。


 ここでココナッツジュースを頂きました。ココナッツ全体を冷やしてあって上をカットして飲ませてくれます。とても衛生的です。


 (3)次いで、少し北側の塩田付近で鳥を探しました。

塩田付近の野鳥などはここをクリック


 (4)昼食は泊まったホテルの近くのうどん屋さんです。


 うどんは4種類あって、細、中、太、黄色で、まずは中を頼みました。あっさりした味付けで、自分で好みのスパイスを入れられるように用意してあります。これもパクチーが入ってます。


 量が少ないのでもう一杯頼みました。今度は黄色です。太さは中くらいで、ラーメンの感じですが、味はうどんと大差なかったように思います。


 (5)昼食後は、まずキンイロコウヨウジャクの繁殖場所に行きました。

キンイロコウヨウジャクの繁殖場所での野鳥などはここをクリック


 (6)次いで、サギ類が沢山いる場所に行きました。

サギ類のいた湿地での野鳥などはここをクリック


 (7)移動途中に、コーヒー店で休憩しました。


 (8)田んぼで鳥を探します。

コーヒー店や田んぼでの野鳥などはここをクリック


 フルーツを売ってたので、ガイドさんが買ってくれました。赤いほうはラングータンというそうで、簡単に皮がむけて、甘くて美味しい果物です。


 (9)湿地でも鳥を探しました。


 (10)レストランで夕食を摂った後にメンフクロウを探しに行く予定でしたが、シェフが急病で食べられませんでした。


 (11)やむを得ず、先にお寺(Wat Pramot)にメンフクロウを探しに行きました。

湿地とお寺での野鳥などはここをクリック


 ラチャブリーのホテルの隣にあるフードコートで夕食を食べることになりましたが、ここへ着く少し前から雨が土砂降りになりました。シェフの病気が無ければメンフクロウは見られなかったでしょう。


 トタン屋根に猛烈な雨で話し声も聞こえにくい程でした。


 ここでもいろんな種類の料理が出ました。


 なぜ、ご飯の器を別にしないのかわかりませんが、いつも大皿にご飯を盛って、横におかずを取って乗せるというスタイルでした。左上に乗ってる3皿目の料理に入ってた唐辛子が強烈に辛くて涙を流してしまいました。インドネシアで学習していたはずですが、すっかり忘れてました。


 これは玉子焼きだったと思います。辛味が別になってるほうがありがたいですね。


 おなじみになった野菜炒めです。


 フライではなく焼き魚でした。白身のおいしい魚です。上にはやはりパクチーが乗ってます。


 (12)フードコートの隣にホテルはありました。Prawapa Hotelで、10階建てなのでエレベータがありました。ここの階数はアメリカ式で、地上が1階でした。WiFiはロビーでも部屋でも使えて写真が投稿できるまずまずの速度でした。


 このホテルも部屋にはほとんど家具が無く、がらんとしてました。車の音はほとんど聞こえず静かなのでよく眠れました。


 シャワーはカーテンも仕切りもないので、トイレの床まで濡れてしまいます。


 ウオシュレットはありませんが、ハンドシャワーがついてるので、同様の効果があります。


次のページ
前のページ
目次に戻る

「野鳥を守る」のページへ
copyright (c) 2016