2016年タイ中部探鳥旅行記 第1日目 9月23日(金)


 タイのバンコクに到着後は、(1)スワナプーム国際空港で各地からのメンバーが集合し、(2)バンコク市内のレストランで夕食をとり、(3)ペッチャブリーのサンホテルまで行きました。



 福岡発のタイ国際航空に乗るのは初めてです。機体はエアバスA330-300で300名程搭乗できるようです。11:35発なので、熊本からでもゆったりと行けました。 


 空いてたのでCAさんに写真を撮ってもらいました。2,4,2の座席です。 


 いい時間に昼食が出ました。茶そばがついており、おいしくいただきました。 


 飛行ルートはなるべく海の上を飛ぶように設定されているようです。 


 (1)ほぼ定刻にバンコクのスワナプーム国際空港に到着しました。ラオスに行った際にトランシットで入国して以来の8年ぶりです。東京から5名、名古屋から2名、関西から3名、福岡から1名の合計11名の参加者です。添乗・通訳のTさんは東京から同行で、ここで現地バードガイドのお二人と合流しました。


 空港の入口は駐車場だらけで全体の写真が撮れません。 


 バンコクの町は高いビルが沢山あります。 


 (2)バンコク市内のレストランで夕食です。 


 中華料理屋風の円卓が並んでます。 


 生け簀で魚が泳いでました。これが調理されるのでしょう。 


 中華料理風でした。 


 エビの下に焼きビーフンの感じのものがありました。 


 カキ料理です。美味しかった。上に乗ってるパクチーは独特の味ですが、病みつきになりそうです。 


 次はイカ料理です。 


 貝柱とココナッツの新芽の部分の料理です。 


 鍋もシーフードです。 


 生け簀の魚が丸ごとフライになってきました。白身のおいしい魚でした。シーバスだそうです。 


 デザートはポメロ(Pomelo)という大きな柑橘類です。 


 ポメロは人の頭位の大きさです。あっさりとした甘さでした。


 (3)高速を快適に飛ばしてペッチャブリーのサンホテルには午後8時過ぎに到着しました。


 エレベータは無く階段を登ります。階段を登ると1階に着くというイギリス式でした。


 同室予定者がキャンセルされたので、追加料金なしで1人部屋でした。部屋は家具がほとんどなく広々としていました。しかし、大きな道路のそばなので、車の音がうるさくてよく寝られませんでした。WiFiが4時間しか使えず、ログアウトせずに寝てしまったので、翌朝は使えませんでした。


次のページ
前のページ
目次に戻る

「野鳥を守る」のページへ
copyright (c) 2016