モンゴル探鳥旅行記(2016.5.18~5.25)

 昨年のモンゴルツアーで偶然ご一緒した日本野鳥の会埼玉の編集長に誘われて、同埼玉の探鳥旅行に入れてもらうことになりました。今年はモンゴルの西端にある、モンゴルで最初に指定された世界自然遺産のウブス湖と、中央県のテレルジ国立公園よりさらに東のヘルレン川岸にあるグンガルートキャンプ等で探鳥するとのことでわくわくして出かけました。女性2名、男性8名の総勢10名のグループ旅行です。埼玉県支部在籍時代の知り合いや、昨年モンゴルにご一緒した方もおられてすぐに溶け込むことができました。
 熊本ではまだ余震がおさまらない時期での出発でしたので、大事をとって前泊することにして5/17に出発して、成田で1泊しましたがそこは省略します。


 成田空港を出発してモンゴルの首都ウランバートルの(1)チンギスハン国際空港に定刻に着きました。(2)プラチナムホテルに直行して、19日には(3)空港近くの池などで探鳥した後に、国内線で(4)ホブド空港を経由して(5)ウラーンゴム空港まで飛びました。(6)ウブス湖周辺で探鳥した後、ウラーンゴムで宿泊しました。20日はウブス湖周辺を探鳥しながら(7)バガノールというところまで行って戻りました。21日はウラーンゴムの町の近くの林や水辺を探鳥後、ウランバートルへ戻って宿泊しました。22日は東へバスで向かい、探鳥しながらヘルレン川の河畔まで行って(8)グンガルートキャンプ地で泊まりました。23日は少し戻って(9)テレルジ国立公園の最奥部のホテル周辺で探鳥して泊まりました。24日はウランバートルへ戻って空港近くの(3)トーラ川河畔林で探鳥し、午後は百貨店でのショッピングや民族舞踊の鑑賞あるいは公園での探鳥と充実した時間を過ごしました。25日は早朝にホテルを出発し、定刻通りに成田まで戻り、解散となりました。

  • 5月18日(水):成田空港からウランバートルへ
  • 5月19日(木):ウランバートル空港からホブドを経由してウラーンゴムへ
  • 5月20日(金):世界遺産のウブス湖周辺
  • 5月21日(土):ウラーンゴムの林や水辺を探鳥後、ウランバートルへ
  • 5月22日(日):ウランバートル市内からヘルレン川の岸辺にあるグンガルートキャンプへ
  • 5月23日(月):少し戻ってテレルジ国立公園へ
  • 5月24日(火):ウランバートルのトーラ川河畔林で探鳥後、民族舞踊鑑賞
  • 5月25日(水):ウランバートルから成田空港を経て熊本へ

  •  昨年に引き続いてのモンゴル旅行でしたが、西端のウブス湖へ行ったり、東もヘルレン川まで行ったのでモンゴルをさらに深く知ることができました。昨年は6月で、今年は5月だったのでとても寒いかと思いましたが、幸いずっと天気が良く真冬の装束で行ったので震え上がるほどではありませんでした。
     メンバーは日本野鳥の会埼玉の超ベテランの方々ばかりだったので、ガイドさん頼りではなく皆さんが鳥を見つけるので多数の種類を見ることができました。日本で冬鳥として見られる鳥も多数いましたが、めったに見られない鳥、初めて見る鳥などが見られるとうれしいものです。今回は民族舞踊の鑑賞なども含まれており、モンゴルの文化に触れることができました。何度でも訪れたい場所になりました。
     現地案内人のツーメンさん、通訳のバヤラさん、企画・実施していただいた日本野鳥の会埼玉のNさん、同行メンバーの皆さんに大変お世話になりました。最後になりましたが、深くお礼申し上げます。


    次のページへ
    参加者限定の思い出アルバムへ
    「野鳥を守る」のページへ
    copyright (c) 2016